対戦中に電話がかかってきたので
「ちょ…ちょ!5分後に掛けなおすからちょっと待って!」
と言って切ったことのあるみなさんこんにちは。

本日は「ラヴァートグランプリ 2019 ジュッズヴァ―杯」ですね。

アルネオとしては、初めてのオフラインイベント。
私も見学に行こうと思ってたのですが、諸事情により中止にしました。

着せ替えジュッズヴァーを配るとのことで、もしかしたら罰の穴拷問器から始まるジュズデッキが加速するかもしれません。

物販もある模様。

2019y02m16d_061033631

黒い方のTシャツと、スマホグッズが欲しい…。
誰か買ってきて!



さて、シールドブレイクです。
昔はイクサーアタックと呼ばれてました。

「憧れのあの子にイクサーアタック!」なんて言ったりね。

前記事の中で、高LP相手にシールドブレイクをするかどうか、を解説しましたが今回は低LP相手にシールドブレイクをするかどうか…です。
(低LPはLP7~10とします)

一言で言うと
「状況次第」
としか言いようがないのですが、絶対やってはいけないのは「盤面有利が少しとれているときのシールドブレイク」です。

「盤面有利」
とは、今出ているユニット同士が戦った時にこちらが勝つであろう状態、ですね。
大雑把に盤面に出ているユニットのレベルの合計…と捉えてもよいかもしれません。

現状、未アクション系の除去シールドも多いですが、カウンター系のシールドも多いです。

例えば、
なんらかのスキルを使って相手のユニットをクローズ、いざシールドブレイクをしたら…

2019y02m16d_061727046

2019y02m16d_063314918


このへんがめくれて返り討ち。
なんて経験は誰しもあるハズ。

というわけで、少しの盤面有利がとれていたら、シールドブレイクは控えましょう。
仮に未アクション系の除去シールドだったとしても、ユニットを展開していけば盤面有利は維持できます。SPも消費せずにすみますしね。

もしもカウンター系のシールドだったとしたら、シールドブレイクするよりも有利な状況になるでしょう。例えば…


2019y02m16d_062734950

水の鏡だったとしたら、このSSを当てるために呪縛やら石化やらの魔法を使わないといけません。その分相手のユニット展開が遅れます。
アカネウルリケだったら厄介ですが、それでもこちらもユニットを展開しているので盤面の有利は維持できるはずです。


少し盤面有利…と、「少し」と表現したのは、そこそこ有利だったらさっさとシールドブレイクして試合を終わらせた方が良いこともあるからです。



では、盤面が五分だったらどうするか?
それこそ状況次第であり、相手のシールドを読むしかありません。
たくさん対戦をこなしてカードを覚え、相手の行動からシールドを推測する。

たまに相手の行動があからさまで1点で読めることがありますが、基本は傾向でしか読めません。
麻雀の待ち読みと同じです。リーチの待ちなんて基本的には一点で読めないのです。


まずは神族読みですね。

例えばザガールヴァッサーなどのリフェス中型は、精神の集中が入ってることが多いです。

ルティナでシールドをコントロールしやすいローティアの中型も1枚目不死鳥、2枚目魂断ちの呪い鎌、なんて配置をよく見ます。

ファルカウはやはりアカネの存在のおかげで、水の鏡が潜んでいることが多いです。
間違っても息パン(2ターン目に炎の息を使ってシールドブレイクすること)しない方がよいでしょう。
ただ風の精霊を使いやすいので精神の集中魔法のトビラもよくみかけます。

2019y02m16d_064911804

これらは連続しておかれることは少ないです。
特に水の鏡は連続で配置しづらいので、水の鏡をみたら次はシールドブレイクしやすいですよね。


ゴウエン中型になると除去シールドは少なめで、祈りの力がどこかにありそうです。


またLP10くらいで、1~3枚目にLP3があると思ったら

2019y02m16d_065300060

大抵これと水の鏡のコンボですね。
これは避けようがありませんが、相手もシールド2枚使ってのことなのでユニット展開ではこちらが勝っていることが多いはずです。



「神族読み」ともう1つは「プレイング読み」ですね。

相手が、SP余っているのに闇の精霊などの低コストユニットを出してきたら、大抵は次に

2019y02m16d_070017228

2019y02m16d_070106644


このどちらかが潜んでいます。
これがわかったら、なんとかシールドブレイクまで通すか、それができないならこのシールドがめくれるタイミングで相手の闇の精霊を焼いたり、こちらのユニットをなんらかの手段(ナナクサのオープンスキルなど)でクローズさせるなどすると、かわすことができます。

もちろん盤面が有利なら「敢えてまともに食らう」のも1つの選択肢です。
敢えてね(本田圭佑風


他にも、いかにもシールドブレイクを誘うようなプレイング、例えばユニットが少ないのに回復の粉を使ったり、使者を展開したり…などは未アクション系の除去SSは入ってないと考えてよいでしょう。
シールドブレイクは自陣が整うまでやめましょう。






シールドを読むことは難しく、一朝一夕では身につきません。
しかし、惰性で対戦するのではなく、相手のシールドはなんだろうな…と、毎回推測することで、傾向がつかめてくると思います。


まとめると


盤面が
少し有利ならシールドブレイクをするな!
五分なら傾向を掴んで判断せよ!


ということです。
これはシールドブレイクした方がいいだろうって思えるとき以外は、しない方がいいでしょう。

戦いが始まってLP11以上の高LPを見たら、あなたはどうしますか?

はぁ…また罰の穴拷問器ラッシュかぁ…とげんなりしますよねw

そこで本日は高LPを見たら考えるべきことを。


まず、自分が普通の中小型を使っているとして、最初にシールドブレイクをすべきかどうかという問題に直面します。

高LPの相手は、1ターン目、回復の粉精霊魂の契約という展開が多い。

空になった相手の盤面に対してシールドブレイクができるわけですが…
基本、大型に対して最序盤はシールドブレイクは控えましょう。

相手からすると、シールドブレイクされてもよいシールドが潜んでいるわけで


2019y02m14d_094050815

こいつなんかが入っていることが多く、早くシールドブレイクしてほしいわけです。

この奇跡の光が入ってたとして、シールドブレイクするとこちらはSP1を使うわけですから、都合SP3の差がつきます。
序盤の3は大差であり、こちらがユニットを展開しきらないうちにガエターノとか出てきて詰んでしまいます。

じゃあ延々とシールドブレイクしない方がよいかというと、それも違います。
ターン数が伸びるほど使えるSPが増えてしまい、それは大型デッキ有利になることを意味します。

だからある程度ユニット展開が終わったら、シールドブレイクを開始しましょう。
このタイミングが重要であり、難しい。


ユニット展開を急がないといけないわけですが、かといって光の精霊を連打すると罰の穴拷問器のエサになってしまいます。
光の精霊に限らず、低HPのユニットの展開は、自分のシールドをみて、ここまではめくられても仕方ないな…というくらいの数にとどめましょう。

そう考えると1~2枚目のSSに

2019y02m14d_094924511

このシールドを入れるのはよくないかもしれませんね。
対象が「すべてのユニット」なので、相手の盤面が空だと自分のユニットがダメージを受けてしまいます。

その点


2019y02m14d_095210775

このシールドは本当に安定感がありますね。
暴発がないだけではなく、罰の穴拷問器で痛めつけられたメインユニットが帰ってくる。
自然と高LP対策になっています。


まとめると、高LPを見たら

・ユニットをある程度展開するまではシールドブレイクは控えろ!
・精霊などの低HPユニットを並べるのは自分のシールドをみて慎重に!


という感じでございます。

パックを買っている時が一番楽しいというみなさんこんにちは。

神殿強いなーと思って神殿を使い、ジュズにボコられたのでジュズを使い…みたいなことを繰り返してデッキをループしているあゆたんです。


思うように勝ててないのですが、いろんな神族のデッキに触れることは新たな発見があってよいですね。

例えば、ゴウエンのユニットのオープンスキルで焼いて→祈りの力SSという定番のコンボ。


2019y02m14d_090208169

これやられると強すぎだろ!
って感じるんですが、いざ自分が使ってみると意外と扱いが難しい。

SSのタイミングで相手ユニットをクローズできればよいのですが、高耐久のユニットばかりだったり、SP管理が雑でマローダーがオープンできなかったり、最悪相手のリーダーブレイクによってこちらのユニットが戻ってたりするわけです。

こうやって自分で使ってみると、長所だけでなく、弱点がわかったりするので、相手にしたときにやられたくない動きがわかる。

だからいろんなデッキを試すことはプラスになると思う。



ただ…はじめてしばらくは1つのデッキを延々と回した方が良いとも思う。

ちなみに私は最初ファルカウの初期構築を選択しました。


2019y02m14d_085827962

このままではとてもじゃないけど戦えない。

特に魔法回数を参照するジェニー魔術の使い手はあまりに魔法回数をあげる意味が薄弱なので削除。
大突風も守るほどのユニットはいないし、相手を全体クローズできる場面もなく、使いどころがないので削除。

そんなこんなで…↓

2019y02m14d_085749281


こんな感じになったのかな。

除去SS(シールドスキル)と返却魔法でとにかく盤面有利を維持するデッキ。
ユニット能力的には地味なものが多い中で、アディシオンが強いのなんの。

これで対戦を繰り返しつつ、相手にしてよく出てくるカードやSSを覚えてきた。
イクサー帯までいけたけど、さすがにそこではなかなか勝てず。


SSのポイントとして
「ダメージSSのあとに未アクション系SSは悪手」
という格言がある。いや、今ワイが作ったんだけどw

ダメージSSで相手ユニットをクローズ

その相手ユニットが復活せずリムーブし、SSを駆使してシールドブレイク

という流れになりがち。

だから
地脈水の鏡精神呪い鎌
という順番になっている。

精神SSを当てるために使った風の精霊呪い鎌の生贄にできたらシールドスキルの流れとしては理想。

はじめたばかりの方や、ファルカウを選んだ方は是非参考にしてください!



いろんなデッキを試そうと言ったけど、1つのデッキを回すことで見えてくることもあるからね。
特に「このカードが必要か否か」は数戦回しただけではわからない。

あなたは一筋派ですか??

↑このページのトップヘ